法人概要

理事長挨拶


社会福祉法人まちだ育成会は、平成14年12月24日のクリスマスイヴに、東京都の法人認可を受け誕生しました。初代理事長は、法人設立の母体となった、障がいのある子供の親たちが作る「町田市知的障がい者育成会(町田市手をつなぐ親の会)」の会長をされていた吉邨つゆ子様が就任されました。平成23年6月に金子好雄様が次の理事長に就任され、法人運営の基盤を築いてくださり、平成25年1月より、私がその後を引き継がせていただくこととなりました。法人設立よりこれまで永きに亘り、関係諸機関をはじめ多くの方々のご支援、ご協力をいただき、今のまちだ育成会がありますことを、改めて心より感謝申し上げます。
まちだ育成会では、平成25年5月に法人の中長期計画となる「第2次基本構想」を策定し、 4年が経過しました。「第2次基本構想」策定にあたり、法人基本理念・基本方針・職員憲章を、役員・職員で協力し制定したことで、まちだ育成会の大きな変革の時を迎えたと感じ、新たに気の引き締まる思いでした。
法人設立から十数年が経過し、事業所は7事業所となり、法人に関わるご利用者、ご家族、そして職員も増えました。この間、社会情勢が大きく変化し、福祉を取り巻く環境はとても厳しい時代を迎えています。社会福祉法人として、障がいのある方たちの地域での暮らしを支えるため、この荒波を乗り越え、まちだ育成会に課せられた使命を職員と共に果たしていく所存です。
地域福祉の担い手として、「地域の福祉力」を育て、未来へ向けて福祉の輪を広げていくため、現在運営している「日中活動施設」・「グループホーム」・「相談支援」は更に充実させ、ご利用者の高齢化への対策、そして地域にお住いの障がいのある方への必要とされている支援の充実についても今後検討して参ります。
『共に支えあい、共に歩み』をスローガンに、ご利用者、ご家族、そして職員、すべての人々が心豊かで活き活きとした暮らしが実現できるよう運営してまいります。 皆様からの暖かいご支援と溢れるご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成28年11月 社会福祉法人まちだ育成会
理事長 齊藤 喬




法人概要


法人名 社会福祉法人 まちだ育成会
設立年月日 平成14年12月19日
法人所在地 東京都町田市山崎町1214番地1
代表者名 理事長 齊藤 喬
電話 042-794-4888
FAX 042-792-6388
事業内容 第1種社会福祉事業 および第2種社会福祉事業


運営事業


町田市大賀藕絲館 就労継続支援B型事業
(町田市指定管理事業)
定員60名
町田市美術工芸館 就労継続支援B型事業
(町田市指定管理事業)
定員60名
町田市授産場 社会事業授産
(町田市指定管理事業)
定員25名
かがやき 就労継続支援B型事業
生活介護事業
定員40名
定員20名
こころみ 就労継続支援B型事業 定員20名
にじ レッド館 共同生活援助 定員  7名
とびら
忠生地域障がい者支援センター
特定相談支援事業
(基本相談・計画相談)
 


組織図






沿革


昭和 39 年 10月 「町田市手をつなぐ親の会」が発足
昭和 46 年 2月 町田市により、市内初の作業所『町田福祉作業所』が開設される
昭和 49 年 12月 『町田福祉作業所』で「干支」の置物作りが始まる
昭和 50 年 4月 『町田福祉作業所』が、『美術工芸館』に改称
昭和 52 年 4月 町田市が『こころみ農園』を開園
昭和 54 年 4月 町田市が「大賀ハス」の栽培を開始
6月 町田市が『藕絲館』を開設し、藕絲織作業を開始
昭和 56 年 4月 「町田市手をつなぐ親の会」が『まちだ福祉作業所』を開設
5月 町田市が「町田市授産センター」を開館し、1階に『美術工芸館』が移転し、
2階に『授産場』を開設
昭和 60 年 2月 『藕絲館』が『大賀藕絲館』に改称
  4月 町田市が「町田ダリア園」を開園し、管理運営を『まちだ福祉作業所』が委託される
昭和 61 年 4月 「町田市手をつなぐ親の会」が『第二まちだ福祉作業所』を開設
平成 元年 4月 「町田市手をつなぐ親の会」が『第三まちだ福祉作業所』を開設
平成 6 年 5月 「町田市手をつなぐ親の会」が「町田市知的障がい者育成会」に名称を変更
平成 11 年 5月 「町田市知的障がい者育成会」において「法人化準備委員会」が設置される
平成 14 年 12月 「社会福祉法人まちだ育成会」設立
平成 15 年 4月 町田市より 『町田市大賀藕絲館』の事業を受託し、運営を開始
平成 17 年 4月 町田市が設置する「町田市美術工芸館」の指定管理者として指定を受け、
管理・運営を開始
平成 18 年 2月 「まちだ育成会後援会」設立
  4月 『町田市大賀藕絲館』の指定管理者制度導入に伴い、指定管理者の指定を受け、 管理・ 運営を開始
  10月 障害者自立支援法の施行に伴い、『 町田市大賀藕絲館』
『 町田市美術工芸館』 は、 障害福祉サービス就労継続支援B型へ移行
「町田市知的障がい者育成会」が、「特定営利活動法人かがやき福祉会」を設立
平成 19 年 4月 「特定非営利活動法人かがやき福祉会」が、『まちだ福祉作業所』
『第二まちだ福祉作業所』 『第三まちだ福祉作業所』の運営を開始
町田市が設置する、社会事業授産『町田市授産場』の指定管理者
として指定を受け、 管理・運営を開始
平成 21 年 4月 町田市より、『町田市大賀藕絲館』の指定管理が更新される
平成 22 年 4月 町田市より、『町田市美術工芸館』『町田市授産場』の指定管理が更新される
平成 23 年 3月 「特定非営利活動法人かがやき福祉会」が解散
  4月 『まちだ福祉作業所』『第二まちだ福祉作業所』『第三まちだ福祉作業所』を、
障がい 福祉サービス就労継続支援B型・生活介護の多機能型施設
「かがやき」として、社会 福祉法人まちだ育成会が運営を開始
町田市が設置運営する『町田市こころみ農園』が民営化され、施設名称を
『こころみ』 と改め、社会福祉法人まちだ育成会が、就労継続支援B型施設
として運営を開始
平成 24 年 4月 町田市身体障害者福祉協会が運営していた『名産品の店まちだ』を、
『町田市大賀藕 絲館』の出張所として、社会福祉法人まちだ育成会が運営を開始
平成 25 年 9月 『名産品の店まちだ』の改修工事を行い、『まちだ名産品の店「心和 」』として
リニューアルオープン
平成 26 年 1月 「町田市知的障がい者育成会」創立50周年と合同で、法人設立10周年を
記念して、 周年記念式典を開催し、記念誌『虹』を発行
  4月 町田市より、『町田市大賀藕絲館』の指定管理が更新される
平成 27 年 4月 町田市より、『町田市美術工芸館』及び『町田市授産場』の指定管理が更新される
  7月 グループホーム『にじ レッド館』の運営を開始
平成 28 年 3月 特定相談支援事業『とびら』の運営を開始
町田市より「忠生地域障がい者支援センター」を受託